<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニャンチーさん新しい技を・・・。
ニャンチーさんはあたらしいわざをおぼえた。

すばやさが3あがった。

かしこさが1あがった。



猫の手も借りたい年末の忙しい時期に、ニャンチーさんは新しい技を覚えたようです。


蛇口をなめる!という技を!


・・・。


よく猫動画なんかで、猫が蛇口から水を飲んでいるのを見たことはありますが、

まさか、うちのニャンチーが(そんな技をいつ覚えたんだろう。)

しかも、

蛇口といっても、キッチンのお湯の方の蛇口限定です。

ニャンチー、ここ最近本当に蛇口にご執心で、

ホント、どうやったらやめさせる事が出来るのか。

寒いから冷たい水は嫌ってことなのか。

でも。キッチンっていうのが衛生上どうなのかねぇ。

と、思ってマスが、なんか家族もあきらめモード入ってます。

打つ手なしです。ヤレヤレ。



スポンサーサイト
猫シッター中♪
ご近所(親戚の家)の猫、のんさん。

一人暮らしの叔母さんが入院中なので、ひとりでお留守番猫してます。

2010.5.3.01

という訳で、のんさんのお世話をたのまれましたので

(ご飯とかお水ぐらいですが様子を見に通っています。)

もともと半ノラみたいな感じで自由猫なので、餌さえ食べてくれればって感じです。

ほんと、手のかからないイイ子ですよ。

あまえんぼうなので、ご飯をあげに行く度にめっちゃフレンドリーです(笑)

なでれ~なでれ~と迫ってきます。

そんなのんさんなのですが、叔母さんが入院する前、ちょっと事件がありまして。

「二日ばかりのんが帰ってこないんだけど、入院するけど。お世話たのむねー。」

って、叔母さんと話していたときのこと。

「そういえば、最近近くで猫が鳴いてるみたいなんだよね。子猫の鳴き声じゃないみたい。」

「まさか、のんじゃないと思うけど、ちょっと確認してみるね。」

そういって、その辺、猫の鳴き声がする場所を、ウチの母と探しましたら、

ウチの敷地のすぐ側の杉の大木から悲痛な猫の鳴き声が・・・。

で、なんとなく上のほうから声が聞こえるので、見上げてみたら、

「の、のんさんだったよ・・・。」

のんさん、杉の木の5、6メートルの所に、必死な感じでコチラを見下ろしています。

(杉の木ってまっすぐで、下の方は枝がないの。で、降りられなくなったようです。)

すぐさま、叔母さんに連絡。

最初ハシゴを2段にしたんだけど、届かず。

近所で一番長いハシゴを借りてどうにかこうにか2時間以上もかかってやっと降ろしました(汗)

最後は叔母さんがハシゴにのぼり抱っこして降ろしました。

のんさん。2晩も木の上で過ごしました。

夜、雷雨だったり、風も強かったし、そうとう頑張ったんだと思います。

気づいてあげられなくてゴメンヨーのんさん。

罪滅ぼしのつもりで、お世話するからね。

そう思って、毎日ご飯をあげてたら、な、なんか太ってきちゃった。

もしかして、食わせすぎたのかな・・・。

少しご飯を控えめにしなければ。

でも、すりすりされると弱いのよねー♪







ちょっとした悩みなんだけど。
湿気の多いこの時期、押入れに熱がこもるので、あけて風を通したいのですが、

あるお方のせいで、思うように開けられない。。。

この方 ↓

2011.3.3.01
時々思い出したように、押入れをこじ開けようとするニャンチーさん♪

しかも抜け毛増量の時期なので、入ってしまうと余計なオトシモノまで・・・。

なので、ぐっすり寝ているのを確認し、コソッと隙をついて風を通してって。

(扇風機の風をあてたりしてますが、なかなか熱気もとれないし。)

いつまでたっても湿気がぬけないじゃないのっ!

う~ん。どうしたらいいんでしょ。








石油ファンヒーターが。
壊れました。石油ファンヒーター。

暖房器具が値下げになっているこの時期に壊れたのが、せめてもの救い。。。

使えるには使えたのですが、ガチャガチャとうるさい音が日毎に大きくなって、もう耐えられないレベルまできました。



ひさびさのニャンチーさん↓

最近はこんな感じ。

あ、一年中いつもこんな感じだった(汗)

2011.3.3.01
お気に入りのオザブでぐっすり。

気が付いたのですが、ニャンチーさんのこのブログの画像は、寝てるものばかり・・・。

なかなかイイ顔で撮らせてくれない猫です。

寝顔は天使なのに~。
侵入者アリ!
年明け頃からでしょうか?

困ったお客様がたびたび侵入。

ニャンチーさんが最近食欲あるなっと思っていたら、実はそうじゃなかった。

(ゴメン気が付かなくて。カリカリの減りが早いからてっきり食べているのかと。)

よその猫が家の中に侵入。ニャンチーさんのご飯を食い逃げ・・・。

最近では生ゴミ入れを荒したり、ゴミ箱をひっくり返したり、なんか困った事態に。

父がいろいろ対策を考えているみたいだけど、完全には止められないみたいで、

よその猫がいつも入ってくるのは、ニャンチーさんの秘密の通り道(縁の下からです。)からで、

其処を完全にふさいじゃうと、ニャンチーさんが入れなくなるしで。

しかもその猫ちゃん。ウチのニャンチーより体が小さいらしく、どんなに入り口を小さくしても入ってしまうという・・・。

今の処、父が躍起になって、なにやらやってますが、

ニャンチーさんの秘密の通り道は完全封鎖でしょうねぇ。

寒いのに、窓からニャーと鳴いたら、入れてってソレしか方法はないんでしょうか?

はぁ。何とかならないもんかしら?

2011.1.10.01
↑お気に入りのポストカード。お正月に行った猫展で購入♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。